韓玉臣氏の璞心逐夢油彩画展、中国美術館で開催

文化人物网特别报道

  • 国际视野 · 权威再现 · 增强文化自觉和自信
  • 热门关键词:
    创新
    和平
    大唐西市
    吴震启
    守住民族文化的根
    当前位置:主页 > 特别报道 >

    韓玉臣氏の璞心逐夢油彩画展、中国美術館で開催

    2022-11-14 10:26
    来源:中国文化人物
    阅读量:
    语音阅读
    00: 00 00: 00
    距离直播还剩


    11月3日午後、中国美術館で「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーが行われました。 オープニングセレモニーには、国内外の専門家、学者、メディア関係者や、美術界の方々、一般市民が参加した。

    中国文化人物編集長王保勝/撮影報道



    中国美術家協会名誉主席の靳尚誼氏、中国政協常務委員、中国美術家協会副主席、中国美術館館長の呉為山氏、中国美術家協会副主席の徐里氏、中国国家画院元副院長、華東師範大学美術学院院長の張曉淩氏、中国美術家協会分党組メンバー、副秘書長の王平氏、中央美術学院教授の邵大箴氏、中国美術家協会理論委員会主任、著名芸術家の張祖英氏、馬振声氏、王鏞氏、陳酔氏、王仲氏、高天雄氏、張元氏、張義春氏などの指導者、ゲスト、芸術家が「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーに出席した。



    中国美術館館長の呉為山氏は、璞心逐夢-韓玉臣油彩画展のオープニングセレモニーの挨拶の際、韓玉臣氏が今回展示した83点の油彩画に表現された理想の追求、芸術的技術、人間的情操を全面的に評価。



    また中国美術家協会名誉主席の靳尚誼氏は、「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーにて、韓玉臣氏と中央美術学院の深いつながりについて述べ、50年の苦心の末、ついに芸術の最高峰である中国国家博物館と中国美術館入りした韓玉臣氏について高く評価した。



    さらに中国美術協会副主席の徐里氏は、「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーでの挨拶の際、「中国美術館での韓玉臣氏の油絵展は、より多くの美術界の友人や一般の人々に、初心を忘れることなく、画家としての数十年にわたる苦闘を理解につながるだろう」と述べた。



    中国美術家協会理論委員会主任で本展覧会のキュレーターである尚輝氏は、「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーでの挨拶の際、韓玉臣氏の油彩画作品における言語様式、表現手法、感情表現を系統的に整理し、絵画芸術の本質回帰の理念を堅持していると述べた。



    また中国芸術学院特別研究員、ロシア美術学院教授である韓玉臣氏による油絵作品展のオープニングセレモニーで、50年にわたる芸術の追求と画家としての夢を叶えるための長く困難な道のりを描いた感謝の言葉を述べた。



    「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーで、韓玉臣氏と中国美術館館長の呉為山氏(右)は油彩画「甘南楞本刀吉」と「光影」の2点を中国美術館に寄贈するための寄贈証書を贈呈した。



    11月3日午後、中国美術館で「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーが行われ、中国美術館副館長の潘義奎氏が司会を務めた。



    「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーの現場には多数の来賓が出席していた。



    韓玉臣氏は中国美術家協会名誉主席の靳尚誼氏(右)に同行し「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」を訪れた際、靳尚誼氏は韓玉臣氏が生活に深く入り込み、人々に根差した韓玉臣氏の油絵「甘南楞本刀吉」などの作品を絶賛した。



    中国芸術家協会主席で、中央美術学院院長の範迪安氏(右)は、「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」を訪れた際、韓玉臣氏の油絵を高く評価した。



    中国美術館館長の呉為山氏(右)は、「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」を訪れ、韓玉臣氏が制作し、人々を称え、人生を讃え、新時代の大河や山を映し出す油絵を高く評価した。



    「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」を訪れた中国芸術家協会副会長の吴為山氏(右)は、韓玉臣氏が草の根レベルで制作した油絵を高く評価した。



    中国芸術家協会分党組書記、駐会副主席で秘書長の馬鋒輝氏は、韓玉臣氏が草の根レベルで制作した「白瑤退伍老兵」など83点の油絵について、新時代を反映していると賞賛した。



    韓玉臣氏は「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」のオープニングセレモニーで、国内外の主要メディアの取材を受けた。
     
           (中国文化人物 編集長 王保勝)半世紀にわたり人生を掘り下げ、大衆のために映像を作り続けてきた「璞心逐夢-韓玉臣油彩画展」が、10月29日から11月9日まで中国美術館で開催された。 この展覧会は、中国国立美術館と河北省文聯が主催し、中国美術家協会油絵芸術委員会、河北省美術家協会、「中国文化人物」雑誌社、邯鄲韓玉臣美術館が学術支援している。
           11月3日の展覧会オープニングセレモニーでは、中国文化・芸術界から多くの著名人が集まり、このイベントを祝福した。 オープニングセレモニーには、中国美術家協会名誉主席の靳尚誼氏、中国人民政治協商会議全国委員会常務委員・中国美術家協会副会長・中国美術館館長の呉為山氏、中国美術家協会副主席の徐里氏、中国国家画院元副院長・華東師範大学芸術学院院長の張曉淩氏、中国美術家協会分党組メンバー・副秘書長の王平氏、中央美術学院教授の邵大箴氏、中国美術家協会論壇委員の尚輝氏、著名芸術家の張祖英氏、馬振声氏、王鏞氏、陳酔氏、王仲氏、高天雄氏、張元氏、張義春氏などが出席した。

           オープニングセレモニーは、中国美術館の潘益喜副館長の司会で行われました。 呉為山氏、靳尚誼氏、徐里氏、尚輝氏が挨拶を行い、韓玉臣氏が感謝の言葉を述べた。
           呉為山氏は、4年前に韓玉臣氏の油彩画を中国美術館に寄贈し、中国国立美術館で展覧会を開催することで合意した。 同時に、今回の展覧会で韓玉臣氏がスケッチした83点の油彩画の理想的な追求、芸術的な美、人間的な情緒について十分に評価した。 また呉為山氏は、「韓玉臣氏と交流して一番感じたことは、彼がとても誠実で情熱的で、人生に対する情熱に満ち溢れているということである。 故に、彼の筆で描かれた登場人物たちはみな会話をしていて、温もりに満ちている。 彼はスケッチという方法で彼らとコミュニケーションをとり、芸術の美しさと自分の純粋な心で彼らを賞賛しているため、これらの作品も温もりに満ちているのだろう。」と述べた。
           中央美術学院の院長を長く務めた靳尚誼氏は、中央美術学院と深い関わりがあり、韓玉臣氏が1972年に中央美術学院の李樺氏と蘇高麗氏の2人の教師のもと独学を始めたこと語り、 50年にわたる努力と実践の末に、中国国家博物館と中国美術館という芸術の最高殿堂入りを果たした韓玉臣氏について高く評価した。
           徐里氏は、5年前に中国美術館で韓玉臣氏の油絵展が開催された時のことを思い出し、中国美術館での韓玉臣氏の油絵展は、より多くの美術界の友人や一般の観客に、彼の本来の精神を忘れることなく、彼の数十年にわたる苦闘が伝わるであろうと指摘した。
           また、展覧会のキュレーターである尚輝氏は、挨拶の際、韓玉臣氏の油絵写生作品の言語スタイル、表現と感情についてより体系的に概観し、韓玉臣氏の油絵写生展の意義は、彼が絵画芸術の本質に回帰するという概念を堅持することにあると考察した。
           中国美術学院の特別研究員であり、ロシアレビン美術学院の教授である韓玉臣氏が感謝の言葉を述べ、 画家としての夢を叶えることを誓い、全身全霊で芸術を追求した50年の道のり、チベット、新疆、内モンゴル、雲南、貴州などの各地でスケッチを行い、自身が経験した困難について述べたり、労働者の労働に対する深い愛情、芸術家の芸術への執着による写生の色彩規律に対する探求、作品表現形式に対する大胆な試み、苦心孤詣の探求の心の道程について述べた。
           オープニングセレモニーでは、呉偉山から韓玉臣氏に油絵作品「甘南楞本刀吉」「光影」の2点の収蔵証明書が贈られた。
           韓玉臣氏の展示は、「夢への芽生えと難儀な独学」、「太行に対する深い思い」、「多民族の風格描写」といった3シリーズに分かれており、韓玉臣氏のより包括的な姿を垣間見ることができ、本展では、韓玉臣氏の50年にわたる忍耐と丹念な生命画の探求の道のりの中から83点の作品を展示している。
           展覧会のセレモニーに先立ち、中国美術家協会主席で中央美術学院院長の範迪安氏や中国美術家協会分党書記で駐会副会長、秘書長の馬鋒輝氏が展覧会を訪れ、使命を全うし、心を込めて夢を追う韓玉臣氏の粘り強い性格を高く評価した。
     
    (担当:張彦、劉昇)
    分享到:
    全球著名院校 / 文博机构查看更多
    友情链接
    特别报道