第1回国際オリンプアーツ(International Olymp’Arts)のグローバル記者会見アジア分会を北京で開催しました

文化人物网特别报道

  • 国际视野 · 权威再现 · 增强文化自觉和自信
  • 热门关键词:
    创新
    和平
    吴震启
    大唐西市
    守住民族文化的根
    当前位置:主页 > 特别报道 >

    第1回国際オリンプアーツ(International Olymp’Arts)のグローバル記者会見アジア分会を北京で開催しました

    2022-07-09 12:05
    来源:中国文化人物
    语音阅读
    第1回国際オリンプアーツグローバル記者会見アジア分会が光明網、中国文化人物、新華社通信ライブクラウド、中国網、央視頻、新浪微博、今日頭条、愛奇芸(iQIYI)、百度ニュース、bilibili、一直播、第一視頻、中捜捜悦、虎牙、闘魚、企鵝(ペンギン)などの国内外の主流ネットメディアによってリアルタイムで全世界に生放送されました。


     
    第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会が北京で開催されました。第1回国際オリンプアーツ中国区執行委員会審査委員長の周昌新氏、中国文学芸術界連合会元副主席兼書記処書記の仲呈祥氏、中国文化人物社社長の王保勝氏、中央美術学院元党委員会書記兼中国美術家協会彫刻芸術委員会主任の盛楊氏、中国美術家協会理論委員会主任の尚輝氏、国連女性国際フォーラム元会長の侣海林氏、第1回国際オリンプアーツグローバルオペレーションオフィサーの孫銘沢氏、中国文学芸術界連合会主席団委員兼中国舞踊家協会主席の馮双白氏、中国工筆画学会会長兼有名画家の陳孟昕氏、中国文学芸術界連合会舞台芸術センター元主任、中国・アセアン(ASEAN)芸術学院院長兼博士課程指導者の郁鈞剣氏、清華大学上級教授兼有名画家の杜大恺氏、北京電影学院党委員会副書記兼副校長の胡智鋒氏、全国政協委員兼中国歌舞劇院元副院長の徐麗橋氏ら専門家が出席しました。



    第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会が北京で開催されました。



    第1回国際オリンプアーツ中国区執行委員会審査委員長の周昌新氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国文化人物社社長の王保勝氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国文学芸術界連合会主席団委員兼中国舞踊家協会主席馮双白氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    清華大学上級教授兼有名画家の杜大恺氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国文学芸術界連合会元副主席兼書記処書記の仲呈祥氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    国連女性国際フォーラム元会長の侣海林氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    北京電影学院党委員会副書記兼副校長の胡智鋒氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国文学芸術界連合会舞台芸術センター元主任、中国・アセアン(ASEAN)芸術学院院長兼博士課程指導者の郁鈞剣氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国美術家協会壁画芸術委員会主任、中央美術学院修復学院院長兼有名画家の王穎生氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国美術家協会理論委員会主任の尚輝氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。


    「オリンピックアート」の創始者、IOAC主席マーク・エイウェル氏(Marc Verriere)がジュネーブの「OLYMP’ARTS 2023第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見」でオンライン挨拶を行いました。



    IOAC執行主席秦雯氏がジュネーブの「OLYMP’ARTS 2023第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見」でオンライン挨拶を行いました。



    中央音楽学院教授・博士課程指導者の馬秋華氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国工筆画学会会長兼有名画家の陳孟昕氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国油絵学会副会長兼有名油絵画家の張祖英氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中央美術学院元党委員会書記兼中国美術家協会彫刻芸術委員会主任の盛楊氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    全国政協委員兼中国歌舞劇院元副院長の徐麗橋氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    京劇名家兼国家一級俳優の胡文閣氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    中国文化芸術発展促進会書記兼中国国家画院副院長の曾来徳氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    LKK創設者の賈偉氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。
     


    中国環境芸術委員会副会長兼清華大学美術環境芸術研究所所長、教授の陸志成氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    北京師範大学芸術・メディア学院副院長兼デジタルメディア研究所所長の肖永亮氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    第1回国際オリンプアーツグローバルオペレーションオフィサーの孫銘沢氏が第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会で発言しました。



    第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会が無事開催されました。




    第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会発表会現場の専門家集合写真

           中国文化人物(記者 張東立、蘇晴)6月29日午後2時、国際オリンプアーツ委員会(International Olymp’Arts  Committee)中国代表処と中国文化人物雑誌社が共催した、オリンピック芸術の復興と振興を目的とする第1回国際オリンプアーツのグローバル記者会見アジア分会が北京オリンプアーツ芸術センターで開催されました。第1回国際オリンプアーツは国際連合ジュネーブ事務所で同時に開催されました。
           出席したアーティストは、第1回国際オリンプアーツ中国区執行委員会審査委員長の周昌新氏、中国文学芸術界連合会元副主席兼書記処書記の仲呈祥氏、中国文化人物社社長の王保勝氏、中央美術学院元党委員会書記兼中国美術家協会彫刻芸術委員会主任の盛楊氏、中国美術家協会理論委員会主任の尚輝氏、国連女性国際フォーラム元会長侣海林氏、第1回国際オリンプアーツグローバルオペレーションオフィサーの孫銘沢氏、中国文学芸術界連合会主席団委員兼中国舞踊家協会主席の馮双白氏、中国工筆画学会会長兼有名画家の陳孟昕氏、中国文学芸術界連合会舞台芸術センター元主任、中国・アセアン(ASEAN)芸術学院院長兼博士課程指導者の郁鈞剣氏、清華大学上級教授兼有名画家の杜大恺氏、北京電影学院党委員会副書記兼副校長の胡智鋒氏、全国政協委員兼中国歌舞劇院元副院長の徐麗橋氏、中国民族音楽研究会会長、中央音楽学院教授・博士課程指導者の馬秋華氏、中国油絵学会副会長兼有名油絵画家の張祖英氏、中国美術家協会壁画芸術委員会主任、中央美術学院修復学院院長兼有名画家の王穎生氏、中国文化芸術発展促進会書記兼中国国家画院副院長の曾来徳氏、京劇名家兼国家一級俳優の胡文閣氏、北京師範大学芸術・メディア学院副院長兼デジタルメディア研究所所長の肖永亮氏、中国環境芸術委員会副会長兼清華大学美術学院環境芸術研究所所長、教授の陸志成氏、LKK創設者の賈偉氏及びその他の指導者や代表者です。
           国際オリンプアーツはオンラインとオフラインを統合した形式で開催され、新華社通信Live Cloud、光明網、中国文化人物、央視頻、中国網、新浪微博(Sina Weibo)、今日頭条などの主流ネットメディアによってリアルタイムに全世界に生放送され、国内外の視聴者の高い関心を呼び起こしました。国際芸術分野の最高レベルの芸術盛会として、音楽、絵画、舞踊、映画、彫刻、書道、写真、演劇、ニューメディア、環境、陶芸などの分野で、世界各地から才能と創造性に富む芸術家が集まり、国際芸術生態プラットフォームを構築し、中国文化と世界文化の交流を促進し、テクノロジーと芸術の素晴らしい未来を共に創造していくことを目的としています。国際オリンプアーツ中国区執行委員会審査委員長周昌新氏は、テーマに合わせて、アーティストたちが作品を通じて、人間の美しい環境に対する熱望と追求を促進することを提唱しました。主催者として、中国文化人物雑誌社の王保勝社長は、文化強国戦略が全面的に推進されている今、このようなハイレベルな芸術盛会を開催することに非常に大きな意義があると述べました。郁鈞剣院長は、「新しい時代の芸術の発展について話し合うために、みんながここに集まってくれたことはめでたい」と述べました。 馮双白主席は、「すべての芸術形式は時代の精神を反映すべきであり、舞踊芸術も時代のために、人々のために踊られるべきである」と述べました。専門家たちは、「習近平総書記が文芸の仕事についての中国精神に対する指示を徹底して実行し、積極的に開拓創新に励み、素晴らしい名作を絶えず打ち出すべきだ」と素晴らしいスピーチを行い、中国文化の振興、芸術分野の交流強化と芸術人材の育成について活発な交流を行い、重要な共通認識に達しました。
           OLYMP’ARTS 2023のテーマは「環境とエネルギー」であり、自然環境の変化への注目にも、人間の社会環境への人道的配慮にも、世界各地のアーティストが独特な芸術力で役割を果たして影響を与え、人間が依存する地球環境を共同で保護し、改善するよう人々を鼓舞することを期待しています。国際オリンプアーツのグローバル記者会見で、IOAC(nternational Olymp’Arts Committee)はOLYMP’ARTS 2023の競技ルールと芸術競技種別を発表しました。現在、アニメーション、建築、演劇、陶芸、映画、コミック、暗号芸術、舞踊、スケッチ、景観、ジュエリーアート、音楽、ニューメディアアート、絵画、写真、彫刻、繊維芸術、電子ゲーム芸術など18種別を特定し、すべての参加アーティストはそれぞれのコースと強みを見つけることができるようになっています。18種別は、現在社会の多くの芸術愛好家に最大の参加可能性を提供するものであり、競技ルールの選考にあたっても、IOACは、世界の人々が投票選考に参加し、美に対する共通認識と最大価値を追求できるよう芸術の普遍性原則を貫いています。今後、社会環境や芸術境界の開拓によって、さまざまな種別が追加されていきます。同時に、公式サイトを通じて世界の評価を集め、独特な選考基準と審査を経て、一般に認められた最高の作品にオリンピックの金賞トロフィーと賞金を贈呈して、視聴者に披露します。オリンピック・アートにとって最高の栄誉ともなります。また、IOACは「オリンピック・アート・アライアンス」と「オリンピック・アート基金」を設立し、世界中のアーティストを繋いで、芸術関連の公益活動を行い、世界の隅々まで芸術の種をまき、芸術力が国境を越えるようにして、世界の融合と共存を促進し、アートと人類の美しい未来を創造していきます。
           OLYMP’ARTS 2023は、2023年6月29日から7月8日までジュネーブで開催される予定です。本イベントの無事開催は、2023年国際オリンプアーツのために良い雰囲気を作り出し、中国文化と世界文化の交流と融合を促進し、新しい時代の文化芸術の発展促進に積極的な役割を果たしました。
     
    (担当:張彦、劉昇)
    分享到:
    全球著名院校 / 文博机构查看更多
    友情链接
    特别报道